決済代行丸わかり、心配なセキュリティについてもばっちり調査!

心配なセキュリティ面について

カード情報の非保持化って何?

ユーザーがセキュリティで心配になる部分は、カード情報が漏洩したり、不正に使われないかという点かと思います。
そこで重要になってくるのが、カード情報の非保持化、もしくはPCIDSS準拠です。

経済産業省からネットショップ運営者に向けて発表された指針によりますと、2018年3月までにこの二点を対応するようにという事になっています。
ですが、そもそもこのカード情報の非保持化とは、一体どのようなものなのでしょうか。

簡単に言ってしまえば、「お店でカードの情報を持たないようにする」という単純な事です。
ですが、そもそも、ユーザーが登録したものをサーバーに置かないようにする、というのは、セキュリティ的には素晴らしい事ですが、技術的には難しい事でもあります。
個人で導入しようとすると、かなりの費用がかかってしまう事も。

そういった点からも、二点に対応している決済代行サービスを使うメリットは生まれてきます。

安全の基準、PCIDSS

では、PCIDSSとは一体何なのでしょうか。

これは、クレジットカード業界が定めた、国際的なセキュリティ基準の事を指します。
この認定を取得する事により、セキュリティ面で安心してお買い物が出来る事をユーザーにアピールする事が出来るんですね。

ですが、このPCIDSS基準というものも、やはり個人や小規模でのネットショップ運営をしている人にとってはハードルが高いものです。
そこでお勧めしたいのが、カード情報非保持化と同様に、PCIDSS基準に準拠している決済代行サービスを使う事。

ユーザーにとっても安心に繋がり、ショップオーナーとしても手軽で安全に運営出来る、このメリットは大きいのではないでしょうか。

決済代行サービスを利用する際は、PCIDSS基準についてもどのように対応しているか、確認していきたいポイントです。


この記事をシェアする